どうにかこうにか

いきなりやって来た新型コロナウィルスという感染症時代。工夫を凝らす日々を綴ります。

喘息外来(小児コロナ専門病院)にて

こんにちは。

GW前の忙しい週の始めですが、喘息外来へ行って来ました。

 

私が行ってる病院は小児のコロナ患者さんが入院している専門病院でもあります。

それだけに覚悟を決めて、二重マスクをし、ドキドキしながら行って来ました。

 

すると…呼吸器内科の受付前で、

「私、予約じゃないんだけど薬が無くなったからさ~来た」

と一人の女性の大きな声が聞こえました。

それに対して、看護師さんがマニュアル通りの質問をする声が聞こえて来ました。

「この1、2週間の間に県外へ行かれたりとかありませんでしたか?」

そしたらね、その大きな声の女性がこう言ったんです。

「えっ?県外って、私県外だからさ~」

 

一瞬その場が凍りついたようにシンとしました。

私は血圧を測らないといけなかったんですが、明らかに動揺してて、まずいぞ、まずいぞ…と思っていたら、やっぱり上が収縮期血圧が151!

慌てて何度も深呼吸をして測り直し、やっといつもの128という数字が出てホッとしました。

 

その女性はすぐにトイレに行ってしまったので、とりあえずそのまま待合室で待つことに。

すぐに処置室に呼ばれていつものように体重、身長、血中酸素濃度を測り、2階の検査室へ呼吸機能検査をするために上がったのですが…。

そこでまた一悶着。凄い咳をしている人がいて、恐怖で出来る限り遠くへ離れて順番が回って来るのを待ちました。

 

もうね、ここまでで既にクタクタです。

検査が終わって内科の待合に戻ると、例の女性も戻って来て、私の少し前に座りました。

ふっと後ろを見ると、他の患者さんはかなり離れた所のベンチに座っているではありませんか!

私もそっと席を立ち、後方の席に移りました。

 

間もなく診察室に呼ばれて入り、いつもの主治医の笑顔を見たら、心底ホッとしました。

ああ、私はこの先生だからこそここまで来てるのよね~とつくづく思ったものです。

ゆっくり話を聞いてもらって、次回の予約を取り、診察室から出て来て足早に会計に向かいました。

 

ところが、ここからがまた長かった!

一人の人で対処してみえるので、なかなかなんですよ~。

ここでもまた、私は他の人から離れたテーブルで待っていたのですが、横のテーブルに二人組の女子学生(中学生かな?)が来て、売店かどこかで買い込んで来たお弁当を食べ始めました。

このご時世に、こんな病院のロビーで食べる~~~?

また、また私はそっと席を立って会計に近い所へ移ったのでした。

 

というわけで、今日はもうだめだ~というぐらい疲れています。

唯一の救いは家族が撮って来てくれた数枚の写真。

 

f:id:hanaichiba:20210426144703j:plain

これはガマの冬姿だと、後で調べてわかりました。

初めて見たので、ちょっとビックリ!

 

f:id:hanaichiba:20210426144723j:plain

こちらはカワラヒワのオスです。

美しいオリーブ色。

メスは薄茶なんですね~。

やっぱり鳥の世界はオスが綺麗だわ。

 

f:id:hanaichiba:20210426144742j:plain

これはコゲラです。この写真ではわかりませんが、後ろ姿を写すと頭の後ろに微かに赤斑があるのが確認出来て、オスだとわかりました。

(下の写真を拡大してみてください…小さ過ぎてわからないかも…)

 

f:id:hanaichiba:20210426150033j:plain

コゲラは最も身近に見ることが出来るキツツキです。

可愛い~♪


私が診察に行っている間、家族は病院の周辺にある自然いっぱいの道を、愛犬を連れて散歩に行っていたのです。

ステキなお土産をありがとう~!!