どうにかこうにか

いきなりやって来た新型コロナウィルスという感染症時代。工夫を凝らす日々を綴ります。

美杉探訪第三弾~美杉の鳥たち~

おはようございます。

未だに美杉の里山が瞼から離れない樹雨です。

もともと大好きな所でした。 

 

そこで、今日も美杉探訪第三弾にお付き合いください(これでラストです、たぶん…)。

 

前に「今回は鳥見ではなく…」ってなこと書きましたが、やっぱり鳥に出会うと、

「あれ、何?」

って躍起になってしまうのでした。

 

美杉で出会ったのはイソヒヨドリのオスとメス。

 

f:id:hanaichiba:20210327162927j:plain

こちらオスです。

美しい声で囀り、姿も濃い目の青と茶色の見目麗しい鳥でした。

 

f:id:hanaichiba:20210327162835j:plain

こちらメスです。

全身ほぼグレーって感じの地味な容姿。

やっぱり鳥の世界では、オスは派手でメスは地味なんですね~。

 

あと一匹ね、飛翔のシルエットが一瞬見えた鳥がいたんですよ。

少し大きめで変わったシルエットだったんですけど、確認しようとカメラを向けた先には姿形もなく…。

残念でありました。

 

でも目撃した瞬間に私は

「カケスだ!!」

と思ったんですよ。

う~ん、上手く説明出来ないけど何故かそう思った。

 

また、同じ所を訪れたら会えるのかしら?

ちょうど竹原神社の近くだったから、今度行くことがあったら神社へ行ってみようと思います。

 

 

これで先週の土曜日に行った美杉探訪についてはおしまいです。

ああ、また行きたいな~。

花とか関係なく里山歩くだけでいいから行きたい…と未練タラタラのまま終わります。

読んでくださってありがとうございました。