どうにかこうにか

いきなりやって来た新型コロナウィルスという感染症時代。工夫を凝らす日々を綴ります。

錯覚

おはようございます。

秋のアレルギーってあるんですよね。

昨日から目がおかしくて目薬をさしています。

皆様は大丈夫でしょうか?

 

 

さて、今日は2つ話題がありまして、1つ目は「最近のコロナ事情とその報道のされ方」についてです。

一時どうなることか、と誰もが危ぶんだデルタ株でしたが、結局昨年と同様この時期には収束したような感じになっていますね。

連日テレビ番組などでは、この激減についての意見を求められて、「専門家」の先生方が同じようなコメントをしてみえます。

  • ワクチン効果が大きい
  • 国民の危機意識が高まって個々の行動が変わったからだ

そして、さも今後は「明るい未来」が待っているかのように、楽しい話題にサッサと移って行く。

これが大方の流れのように思います。

 

でも、私はこれに対してかなり懐疑的なんです。

だって、昨年と同じ時期を比較してみると、明らかに今の方が酷い状況だから。

 

実際に昨年10月13日(火)と昨日10月12日(火)の公表された数字を比較してみますね。

昨年ー国内新規感染者数498人  今年ー611人

昨年ー死者数4人        今年ー29人

昨年ー重症者数148人      今年ー444人

いかがでしょう?

減っていますか?

感染症は収束に向かっていると言えるでしょうか?

 

 

昨年は11月5日ぐらいを境にまた増加に転じています。

今年もきっとその波はやって来るでしょう。

人間の行動如何に関わらず、ウィルスは勝手に増減している。

私にはそのように見えてなりません。

 

過度に緊張する必要はないけれど、「解禁!」と大騒ぎするのはまだ早いのかな~。

飛沫に気をつけながら、深まっていく秋を静かに楽しみたいと個人的には思っています。

 

 

もう一つの話題は「私の腸事情」でしたが、長くなりそうなので、こちらは明日にしますね。

では、また(^^)/~~~

 


www.youtube.com