どうにかこうにか

いきなりやって来た新型コロナウィルスという感染症時代。工夫を凝らす日々を綴ります。

残置廃棄物処理の一日

こんにちは。

金曜日の記事には「10月はマイナス71,000円と相成りました」と書きましたが、2箇所の銀行通帳を確認したところ、ギリギリマイナスにはならなかったことが判明しました。

ただ、通帳残高をゼロにするのは不安なので、とりあえず今週働いて現金が入るまでは、お義母さんに借りたままにしておきたいと思います(生活費が出ないぐらいギリギリですしね~)。

 

 

さて、昨日はお義母さんの実家取り壊しに向けて大一番の仕事をこなしました。

昔、お祖父ちゃんがしめじ栽培をしていた小屋があって、その中の残置廃棄物を自分たちで分別したのでした。

それが…なんともおどろおどろしいものがいっぱいで…。

猫のミイラや骨が数体、まむしとその卵がたくさん、シロアリの巣窟、夥しい量の材木などなど…。

 

ラスボスがこんなところに…!という感じでありました。

 

それらを長男と次男が中心になって、中に入ってやってくれたわけで、これは何がなんでもお小遣いをやらないわけにはいかんだろう、と思っています。

(明日、銀行へ行っておろして来よう!)

 

 

今日は自宅の押入れを整理しました。

あちらから持って来たものをどう収納するか…。

それが一番の問題になってます。

大きなものではポータブルトイレ(義母さん用)、小さめの仏壇(こちらは性根抜きしてありますが先々使うようになると思うので大事に保管です)、さらに私の着物。。

この着物をどうするか?については迷っています。

一度空の入れ物に入れ直して、一つ一つ吟味してからどうするか考えますね。

 

雨の当たらない物置に置かなくてはならないのは、自転車1台、草刈り機2台。

そして次男待望の作業机。

これらをどう配置するか、が今週末の課題だと思います。

もう少しスッキリさせなくてはな~。

 

断捨離、断捨離の日々であります。