どうにかこうにか

いきなりやって来た新型コロナウィルスという感染症時代。工夫を凝らす日々を綴ります。

仏壇じまいで悩んでます。

おはようございます。

収まって来ていた過敏性腸症候群がストレスで再発してしまいました。

夜中も腹痛で眠れず、たまりかねてレ○ソタン2.5mg程度服用。

どうにか寝入りました。

 

レ○ソタンが効いたということは精神的な不安感から来てる証拠ですよね…。

結局私ってこの手のお薬が手放せない弱い人間なのであります。

 

一番の原因は、昨日書いたお義母さんの暴言ではありません。

お寺さんに家の取り壊しに伴い、仏壇じまいをせざるを得ないことをお話し、中の御本尊、お位牌などをどうするかという相談をして来なくてはならないことがネックになっているのです。

現在の仏壇は備え作りしてある仏壇なので、家と共に解体しなくてはなりません。

そこで閉眼供養というのをお寺さんにお願いするわけです。

中の古いお位牌はお焚き上げをお願いするつもりです。

 

問題はその後…。

すぐに別の仏壇を用意してお位牌の中でまだ十分供養の済んでいない仏さんに関しては安置し、開眼供養をして頂く、ということが決まっているなら話は簡単なのです。

 

実はそこで義母さんと夫さんの意見が完全に割れています。

義母さんは仏壇を引き継ぎたい派。

夫さんは断固引き継ぎたくない派。

それで困ってます。

 

今日の午後、私がお寺さんへ出向いて事情をお話し、閉眼供養後のお位牌を一旦お義母さんに保管させてやってくれないか、という交渉をして来る予定です。

もしかしたら、時間が経てば夫さんの意見が変わるかもしれません。

しばし猶予を頂きたい、と申し出て来ようかと…。

 

お墓はお義母さんのためにそのまま残してやりたいのです。

お義母さん亡き後はどうなるかわかりませんが…。

とにかく当面のことをご相談して来なくてはなりません。

 

あ~、気が重い。

とにかく今日の午後2時にお寺さんに行ってきますね。

 

その結果はまた後ほど別記事にしてご報告致します。

では、ひとまずこれで…。