どうにかこうにか

いきなりやって来た新型コロナウィルスという感染症時代。工夫を凝らす日々を綴ります。

『欲が出ました』

おはようございます。

 

読書の時間をしっかり取るようにしたら、情緒が安定して眠れる日が多くなったようです。

私にはお薬のように本が必要なんだとつくづく思いました。

 

決して気取っているわけじゃありません。

幼い頃に誰もいない家の中に、一緒に居てくれたのは絵本でした。

寂しさを埋めるように手当たりしだいに読み始めたのが、私の「読書」の始まりです。

 

 

今、友人がプレゼントしてくれた中にこんな本があって、楽しんで読ませてもらってます。

これは面白い!!

読みやすくてスイスイ行きます。

ちょうど軽めに読めるエッセイが切れたところだったので、有り難いです。

 

市内の図書館のホームページで「ヨシタケシンスケ」を検索してみたら、いっぱいあることが判明!

当分飽きることなく、楽しませていただけそうです。

 

この出会いをくれたOさんに感謝♪

 

 

さて、昨日のお家シアターのお話です。

今回は邦画でした。

 観始めは「無理~!受け付けない!」と思ったのですが、観ていくうちに引き込まれました。

まぁ、ちょっと主人公の如月あやか(吉本実憂)のコメディタッチのオーバーアクションに最後まで抵抗感じましたけどね~。

 

でも、面白かったのでOKです!