どうにかこうにか

いきなりやって来た新型コロナウィルスという感染症時代。工夫を凝らす日々を綴ります。

私は何も知らない、と思ったこと。

おはようございます。

暑くなって来ましたね。

お義母さんのワクチン接種日が近づき、落ち着かない日々を送っています。

私自身は、出して頂いたお薬が合わなくて、ついに断念致しました。

 

閑話休題。鳥さんの話に移ります。

観察出来る野鳥がどんどん減って寂しいと思っていた私ですが、身近な鳥スズメのことを実は何も知らないのだということに気づきました。

 

朝、お隣の屋根の上で

「チキチキチキチキチキ」

とモズの高鳴きのような声が聴こえました。

「えっ?こんな季節にモズ?」

と窓から外に目をやると、そこに居たのは数羽のスズメ。

 

お隣の屋根の上をせわしなく動き回っては

「チキチキチキチキチキ」

を繰り返します。

やがて慌てたように群れをなして飛んで行きました。

 

それまで、スズメと言えば

「チュンチュン」

としか鳴かないと思い込んでいた私。

びっくりしてネットで調べてみました。

 

すると、「最大限の警戒ー例えば猫が来たぞなどーの時に『チキチキチキチキ』と鳴く」のだということがわかりました。

つまり「仲間に知らせる警告の鳴き」だったんですね~。

 

知らなかった。

私は何も知らないんだな~とつくづく思い知った朝でした。

 

9月まで何をして過ごそうと思っていたけれど、身近な野鳥ースズメとかハト、カラスーなどをじっくり観察するのにいい機会だなぁと思えました。

心にワクワクが戻って来て、楽しくなりました。

 

野鳥、LOVEです♪