どうにかこうにか

いきなりやって来た新型コロナウィルスという感染症時代。工夫を凝らす日々を綴ります。

「眠れなければ眠らなければいい」という発想

おはようございます。

昨日は暑かったですね~。

いきなり来た夏に体は全くついていけず、いつもより早めの午後3時前に頭痛発症。

薬を服用しました。

そのおかげもあって普通に3時半まで仕事をこなし、買い物にも寄って帰宅したのが午後4時過ぎ。

 

…とここまではどうにか平然を装っていたんですけどね。

ドド~っと疲れが…。

それでも、金曜日恒例の夫さんの頭をスキンヘッド風にするのを手伝い(髪の毛がパン生地に入るといけないので)、もうヘロヘロで夕飯も無理やり流し込むように食べてさっさと眠りにつきました(眠れないから、イアホンでCDを聴きまくり…)。

 

その後、覚醒したのが午前零時前。

それからはパッタリ眠れなくなりました。

しばらくは、またCD聴きながら横になっていましたが、午前3時に起きちゃいました。

 

寝不足だけど、嫌な気分じゃありません。

大事なことは眠れないことをナーバスに捉えないこと。

すべて気楽に想おうって決めたんです。

 

初めて精神科の門をくぐった時、担当してくださったドクターに言われたんですよね。

「どうやったら眠れるか、なんて勉強したりするのが一番最悪です。

眠れなければ眠らなければいいんです。

人間なんて2日ぐらい眠らなくても死にはしません」

 

その時は随分乱暴な考え方だな~と思いましたが、言われる通り「眠れないことをマイナスに捉えない」を実行に移したら、いつの間にか頑固な不眠症が治ってしまっていました。

 

あれから約13年。そのことをすっかり忘れて、再びジタバタしてしまいました。

「眠れない時にはこの映画を観よう」という方法。

当時乗り切れた手段を再びやってみようと思います。

道【淀川長治解説映像付き】 [DVD]

道【淀川長治解説映像付き】 [DVD]

  • 発売日: 2009/02/20
  • メディア: DVD
 

 私が一番好きな映画です。


www.youtube.com