どうにかこうにか

いきなりやって来た新型コロナウィルスという感染症時代。工夫を凝らす日々を綴ります。

夫婦して鳥見に嵌る

こんばんは。

昨日はイカルに出会えたことに興奮しすぎてなかなか寝付けず、いつもの就寝前セットー漢方+レキソタン微量ーを2回も繰り返してようやく午前零時を少し回ったところで眠りました。

 

目覚めたのは午前5時頃。

はぁ~、また睡眠不足ですよ。

 

それにしても、どうやら夫婦して鳥見に嵌ってしまったようです。

夫さんの口から「もっと倍率のいいカメラが欲しい」という言葉が出始めました。

「もっと別の所に行ったら別の鳥に出会えるんだろうな~」と夢は際限なく広がって行くのです。

「カツオドリが見たい」などと仰る。

いやいや、それはハードル高いでしょう、と私なんぞは思うわけです。

薩摩とかかなり南の方に行かないと見れないし…。

 

まだまだ鳥見初心者の私達。

とにかくぼちぼち近場から攻めて行こうと思っています。

 

 

今日、やっと川上弘美さんの『センセイの鞄』読了しました。

あ~、しっとりとした大人の恋でしたね~。

何ともよい気持ちになりました。

余韻に浸っております…。

 

明日からは同じく川上弘美著『なんとなくな日々』を読み始めます。

なんとなくな日々 (新潮文庫)

なんとなくな日々 (新潮文庫)

 

 こちらも先日、古本屋で見つけた1冊。

その古書店には他にも川上弘美さんの作品はいっぱいありました。

少しずつ潰して行きます。

楽しみ~☆

 

では、またあした。

お休みなさい。